2020年02月12日

2月は学びがいっぱい!

とばた2.JPG3戸畑.JPG



 2020年が明け、あっという間に1か月が過ぎました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

インフルエンザや新型コロナウィルスの広がりが気になりますね。

そんな中ですが、たくさんの学びがありました。少しお知らせします。

 2月1日、クローバープラザで一日学習会でした。

午前中は、福通研の代表で、副会長、事務局と共に学習会に参加しました。

新聞等でご存じと思います。昨年12月24日に福岡県内の聴覚障害者ご夫婦が福岡地裁に提訴しました。

これから公判に向け、みんなで支援していくことになります。福岡県聴覚障害者協会が呼びかけ、旧優生保

護法違憲国家賠償請求事件福岡訴訟について理解を深める学習会。福岡優生保護法被害弁護団の方から

「命に優劣はない〜真の謝罪と差別のない社会を目指して〜」というテーマで、お話を伺いました。

また、福岡県聴覚障害者協会の太田事務局長から、福岡県聴覚障害者協会としての取り組みが報告されま

した。きょうされんの方々や聴覚障害者、各団体の代表が参加して一緒に学び、最後はシュプレヒコール!

これから始まる公判に勝つことをみんなで誓い、士気を高めました。

福通研は、裁判にかかる情報保障費用を支援するため、学習会後から資金作りの呼びかけを始めました。

沢山の支援金が集まりました!みなさん、ありがとうございます。今後も続けていきますので、どうぞご協力

の程、よろしくお願いいたします。

 

 午後からは自治体正規職員化のための学習会をしました。

福通研が主催で、福岡県聴覚障害者協会、福岡県手話の会連合会、福岡県手話通訳士会で合同開催。

講師は、全通研自治体業務・政策研究委員会から千葉県の屋代利津子さん。約60名の参加がありました。

習志野市の取り組みや全通研の基調報告を受け、みんなでグループワークをしました。

ろう者、手話学習者、専任手話通訳者、手話通訳士、行政の方(1名でした)が、グループで地元の課題を

出し合い情報交換。グループ発表では、こうなれば良い→そのためには?とこれからの課題も出されました。

手話通訳者が正規職員で入ることは、手話通訳だけではなく聴覚障害者の理解や福祉施策全体に意見が

出しやすくなること、社会全体を変えることにつながることを学びました。まだまだ課題は沢山ありますが、聞

こえない人たちと一緒に、粘り強く要望していかなければならないと感じました。がんばりましょう!

 

 2月11日 福通研第二回研修会。ウェル戸畑で開催しました。

今回の講師は、全通研理事で事務局次長の米野規子さん。

午前中は「手話との出会い、そして今〜手話言語条例で何が変わる?〜」というテーマでご講演いただきました。

明石市の職員として、また全通研理事としてご活躍中ですが、米野さんのお人柄を知り、ほっこりしました。

いろんなところに手話との出会いがあること、手話を学び、それをどう活かすかが大切だと感じました。明石市の

実践にたくさんのヒントもいただき、みんなが暮らしやすい社会になるために、私たちにできることをしていきたい

と改めて思いました。手話言語条例ができると、手話や聞こえない人への理解が進むなぁと、痛感しました。

全通研や福通研に関する〇☓クイズも取り入れてあり、みんなで賞品ゲット目指し、盛り上がりました!

 午後からは、「手話で話そう!伝え合おう〜手話表現いろいろ〜」のテーマでグループ学習。

出されたセンテンスを、みんなで考え、代表が発表を繰り返す形式。手話単語は気にせず、伝えたいことを

イメージすること。表情や全身で表現し、自分の大切な人に伝えることが学習のポイントでした。

米野さんが最初に言われたように、初めは恥ずかしかったけれど、自然に「楽しむ場」となりました!

「福岡は、役者さん揃いですね!」とお褒めいただき、嬉しかったです!

米野さん、ありがとうございました。活動とお仕事で生き生きとされており、元気をいただきました。

今後のご活躍を応援しています。

 ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

9月の全国ろうあ者体育大会のため盛り上げ隊による物品販売、手話通訳士会や福通研による書籍販売も好評!

旧優生保護法公判への支援金もご協力いただきました。本当にありがとうございます。

そして、運営委員のみなさん、お疲れ様でした。特に会場確保から当日の運営まで、担当いただいた北九州ブロック

のみなさん、ありがとうございました! 2020年度も、みんなで楽しく学べる研修会を企画しましょう!

posted by スギノ at 23:53| Comment(0) | 日記

2019年10月22日

2019年度 支部長会議、その後…





 台風19号でお亡くなりになられたみなさんのご冥福をお祈りすると共に、最愛の方を亡くされたご家族のみなさま、被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。

福岡県からも想いを寄せています。全通研の仲間が沢山います。どうかお心を強くお持ちください。今週末も大雨の予報、「被害がありませんように」と祈るばかりです。

 

 去る10月5日〜6日、2年ぶりに開催された支部長会議(昨年は台風の為中止)、三宮にある神戸市勤労会館へ行ってきました。

情勢報告のあと、藤木和子弁護士による講演「障害者差別解消法について」のあと、参加者でのグループワーク。事例を出したり問題点を考えたりしました。

グループ代表の発表の後、藤木弁護士によるアドバイスや情報提供がありました。藤木弁護士は、「手話でGO!GO!合理的配慮」にも執筆されています。

とても分かりやすく、理解を深めることができました。

 

夜は南京町で交流会。食べて飲んで、ゲーム有!頭も使いながら全国の仲間と楽しく語らいました。

 

2日目は2つのテーマで討議。「手話通訳者制度」と「組織の拡大」です。85分間ずつやりました。

 

「何のために会員を増やすのか?」→「会員が増えることは支援者が増えること。」 そうですよね!

いろんな制度についても、全日ろう連や日本手話通訳士協会と一緒になり考えています。全通研独自の事業もやっています。

誇りを持って、仲間を増やしていきたいと思いました。(詳しくは添付をお読みください)

 

 「後期も頑張りましょう!」と、笑顔で別れ、地元へと帰りました。

そのわずか1週間後、台風19号の甚大な被害が起きようとは…。

被災地の支部は本当に大変だと思います。みなさん、今頃どうしてあるのでしょう?

テレビのニュースを観ては、心が張り裂けそうです。私たちにできることは…ただただ今は考えるばかりです。

 

                                                  杉野 有美子
posted by スギノ at 22:52| Comment(0) | 日記

2019年07月21日

2019年度第1回研修会

飾り山.JPG追い山.JPG




 昨日からの雨、酷かったですね。

みなさんの地域は大丈夫でしょうか?


避難勧告や避難指示が出ている地域もあり、まだ安心できません。

くれぐれも油断せず、注意して過ごしましょう!



 さて、第1回研修会を7月15日に開催しました。105名の参加がありました。

今回は、締め切り前に定員に達し、申し込みをお断りせざるを得ませんでした。

会場の都合で、消防法等ありますので、参加出来なかった方、申し訳ありません。



 講師は、門倉 美樹子さん。石川県から来ていただきました。

全通研自治体業務・政策研究委員会のメンバーであり、今年度から全通研サマーフォーラム集会担当理事もされています。大変お忙しい方です。



午前中は、「被災地での情報保障と支援者の役割」というテーマでお話しいただきました。

3名の手話通訳士に手話通訳をお願いしました。

門倉さんは、市町村手話関係者連絡会を立ち上げられ、代表を担ってあります。

平成9年から連絡会が始まり、開催の背景や協議されてきたこと、繋がってきたこと、また

2007年3月25日能登大地震の体験談、正職員として、東日本大震災発災後、公的派遣

で宮城県石巻市に行かれた時のお話。特に、初動期の手話通訳士である自治体職員の役割は、興味深く、「手話通訳業務は、業務の中の一部であり、ソーシャルワーク視点を持たねばならない」と話されたことが印象に残りました。

 午後からはグループワーク。本当は個人ワーク→グループワークをされる予定でしたが、

手話通訳歴の有無など、事前に把握していませんでしたので、グループワークが中心となりました。
4つの課題を席の隣や前後の人と一緒に考えました。現任の手話通訳者も、これから手話通訳を目指す人も、ろう者の立場からも意見を出し合い、いろんな考えがあることに、改めて気づいた有意義な学びだったと思います。

3点コミュニケーションや手話通訳エコマップ、デマンドコントロールなどの学習方法を、教えていただきました。
地域でもやってみたくなりました。とても良い研修会でした。

   また、午後からの学習は、主催者である福通研にも大きな課題をいただきました。

実は事前の講師とのやりとりで、手話通訳士は1名となっていました。
講師自身も手話を使われる予定だったと思います。ところが、100名の参加者ということで、講師自身最後まで悩んでおられ、グループワークが中心になりました。
発表する時も当然手話が必要ですよね。

講師も、参加者も話が白熱してきます。結局、依頼していた手話通訳者に負担をかけてしまいました。途中で気付き、運営委員の中から2名の手話通訳士が入ることにしたものの、手話通訳者の待機席に座っていなかったため参加者の大先輩から、意見をいただきました。確かに、見える化していないと、手話通訳士も不安になること、またその手話通訳を見ている方々にも心配を与えることに気が付きました。
「手話通訳者の健康対策を考える通研が、何で?がっかりした!」と、言われてからです。
みんなで大反省。今年度初めての行事を、改選後の新しいメンバーで取り組みました。みんな気づいてはいながら、遠慮もあったのでは?と思います。私自身もすぐに行動に移せなかったと。
私たち何を学んでいたのか…この1週間考え続けました。落ち込みました。

 担当して頂いた手話通訳士、参加者のみなさまに、お詫び申し上げます。この失態を今後の糧として、最善の手話通訳現場を作ることを目指して、またがんばっていきたいと思います。

みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 研修会に合わせ、私は博多泊でした。7月14日夜に見た飾り山、15日早朝、初めて生で見た追い山の写真を載せます。研修会の様子でなくてすみません。博多の夏がやってきました!がんばります!


杉野 有美子

posted by スギノ at 23:19| Comment(0) | 日記

2019年05月29日

2019年度代議員会

IMG_3902.JPGIMG_3908.JPG



5月25日〜26日、神戸市の新長田勤労市民センターで開催されました。

福通研からは、代議員4名(小野尾・杉野・西川・濱)が参加しました。

今年度の代議員総数は133名。出席は129名、代理委任1名、欠席1名でした。

会員に届いた2019年度代議員会議案書の議案は、すべて賛成多数で承認されました。

 4月のブロック別代議員会で出された意見は、資料集として代議員に事前配布。全国の

情報を読みながら、代議員会議で発言する内容を考え、臨みました。

議長は、サマーフォーラム開催地の支部から選出すると決まっています。今年度開催地(奈良)小林さんと、

来年度開催地(石川県)西さんが務めてくださいました。

福通研からは、@会計年度任用職員制度について A学生・大学等内サークルとの交流・連携

モデル事業について B青年部について C支部在り方のしおりについて 発言してきました。

@については、5名の発言者。各支部の関心の高さが伺えました。正規職員を目指していく方針はわかるが、

現任の専任手話通訳者の声、今、やらなければならないのでは?と思われることを伝えました。調査や三団体で

総務省に声明文を出すなどできないものか、お尋ねしました。→全通研として理事会等で協議したが、できないとの答えでした。

いろんな形態があり、全通研として指針を出すのは危険、地域の実情に合った、今より後退しない内容にするために、地域で 

他職者と話し合うなど、県の情報を集め参考にしてほしいとのアドバイスもありました。

A今年度までの事業となっているが、実施した支部の情報をほしいと要望→後日報告書を出すようにしたいと回答され、また

サマーフォーラムでレポートとして出す支部があることがわかりました。 BU65と連携して取り組んでいるピヨピヨ講座の例を伝えました。

C研究誌11号に乗せられた記事→各県に支部ができ、法制度や手話通訳者の働き方に大きな変化がみられる今日、指針としては定款で

確認できる。支部長会議や担当者会議、様々な会議で情報が発信できていると思う。今日的な悩みは、具体化をして出してもらいたいとの答えでした。

 限られた時間でしたが、二日間で55の発言用紙が出され、全通研からの回答や支部からの情報提供、そして近藤副会長のまとめがありました。

いろんな考えや活動を知り、今回もとても勉強になりました。

会場からは、神戸の復興のシンボルとして公園に建てられた「鉄人28号」の上半身が見え、ときおり目を移しては勇気をもらっていました。(笑)

 代議員会、お疲れ様でした。学んだことを支部に持ち帰って、伝え、実践して行きたいと思った二日間でした。

posted by スギノ at 23:30| Comment(0) | 日記