2017年08月19日

初投稿です。

残暑お見舞い申し上げます。
毎日暑いですね。 体調崩されていませんか?
早いもので、若杉さんからバトンを受け、会長に就任してはや3ヶ月、全国代議員会、九州ブロック運営委員会、全国代議員会、担当者会議など参加してきました。
全国、九州、そして福岡に仲間がいることの素晴らしさを実感。 情報交換も、飲み会も大切なコミュニケーションです。
新体制となり、みんなで少しずつ頑張っていきたいと思うこの頃です。 どうぞよろしくお願いします。
さて、7月5日からの九州北部豪雨、みなさんの地域やご親戚は大丈夫でしたか?
今回の豪雨でお亡くなりになった方々、被災されたみなさまに心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。
そして豪雨からひと月経った今でも、猛暑の中、復旧作業、家屋の片付け等が続いていることを忘れてはいけませんね。
投稿1 (2)
とうこう2 (2)
3投稿 (2)
福岡聴覚障害者団体連合会(福聴連)の災害対策本部会議が7月8日、20日に開かれ、福通研の代表として参加、情報の整理と今後の方針について話し合いました。
安否確認やろう者・サークル員の被害状況が報告され、支援が必要な家に行くことをこの会議で決め、各団体会員へ連絡することとなりました。
主に土日で行われ、23日(日)は、私も被災地ボランティアに行ってきました。 想像以上の被害に心が痛みました。
災害ボランティアセンターでは、自衛隊の災害派遣、全国から沢山のボランティア、被災地の方々。 中学生も一生懸命お手伝い。タオルをしぼって「お疲れさまです。どうぞ!」など声をかけてくれ、胸が熱くなりました。
県手連、県聴協の私たち20人は、被災された聴覚障害者の家を支援。 泥のかき出し、不要な物の運び出しなど、みんなで手分けして頑張ること5時間、泥だらけです!時々休憩しながら、被災されたろう者とお話したり、被災地のサークル員さんから豪雨時の状況を聞いたりしました。
30日(日)は福通研事務局長もボランティアに行きました。今後ボランティアセンターは、朝倉生涯学習センターから杷木町に移設。
23日に支援に入ったろう者の家は、素人のできる範囲はほとんど終わったと報告がありました。
 
暑さ本番、被災地のみなさんの体調、長期に及びメンタル面も心配です。
いろんな意味で、他人事と思わず息の長い支援が必要ですね。 ボランティアの内容も日々変化、これからは罹災に関する手続き等が増えるのでしょう。
できることを支援していきたいですね。
 
7月17日(祝・月)は第一回研修会、クローバープラザで開催されました。
講師は全通研理事・桐原サキ氏。午前中は講演「聴覚障害者の運転免許取得の支援を通して感じたこと」。
午後からみんなで伝え合う実技学習で、桐原氏からアドバイスをいただき勉強になりました。
111名の参加があり、こうしてみんなで学べるのは楽しくとても有り難いことですね。
みなさん、また次回もご参加くださいね!
 
いよいよ18日から「サマーフォーラムinひろしま」が開催されます。 とても楽しみ、ワクワクしています♪ 福岡県から25名の参加、ありがとうございます。
今回、参加できなかった方、「福通研だより」等での報告をお楽しみに!
来年は、沖縄で開催されます。「九州はひとつ」を合言葉に、九州から、福岡から盛り立てて行きましょう! 私も広島が終わったら貯金しようーっと。
それでは、またお会いしましょう!
何方さまも、お体どうぞご自愛ください。
 
杉野 有美子
posted by スギノ at 09:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: